2018年05月14日

牛削蹄師のお仕事

こんにちは!

突然ですが皆さん、「牛削蹄師」(うしさくていし)という職業をご存知でしょうか?

牛の第二の心臓ともいうべき、蹄(ひづめ)を整えるお仕事です。

心臓から遠く離れた蹄は、どうしても血液の巡りが悪くなりがち…。
そこで蹄自体が、歩くたびに伸縮を繰り返して、ポンプの役割を果たして、蹄の血液循環を促進しています。
しかし、牛は一般的に運動量が少なく、放っておくと蹄が伸びすぎてしまいます。
蹄が伸びすぎたり、変形したりすると、第二の心臓ともいうべきこのポンプ作用も低下してしまい、その結果、足が歪んで乳の出が悪くなるなど、さまざまな健康トラブルが発生しやすくなるんです…

そこで、定期的に蹄を切り、その形を整えてくれるのが「牛削蹄師」というわけです。
いわば、牛のフットケア専門家ですね!

人の足も“第二の心臓”と呼ばれています。

みなさんも、フットケアから、健康でキレイな体作りを始めてみてはいかがでしょうか?

ではまた

31947994.jpg





心と身体をまっすぐに!燕市(分水)の整体院
燕健友館健和堂
posted by ケンワさん at 10:36| 日記 | 更新情報をチェックする