2016年09月19日

勇往邁進

仕事を終えたある晩、久しぶりにジョギングにでかけた。

すると今までに見たこともないくらい、大きくて長い流れ星が夜空を一閃貫いた
(火球と呼ぶのでしょうか?)

ちょうど頭の上を東から西へと、自分の進行方向と同じ方角へ飛んで行ったから、
まるで

「その方向で間違っちゃいないよ。迷わずゆけよ!」

と声を掛けられたような気がした。

💨💨💨💨💨💨💨💨💨


自分のやっていることに自信が持てないときもあるけれど、
信じて駆け抜けようと思う。

gahag-008569.jpg
画像はイメージです
posted by ケンワさん at 18:20| 座右の銘 | 更新情報をチェックする

2016年09月04日

ブルガダ症候群

(兄・昌秀について)
病院でのCT検査の結果、出血、血栓、他、異常はなく、死因は不明とのことでした。

そのことから不肖の整体師は

ブルガダ症候群」(心室細動)

ではないかという推察にいたりました。

であるならば、存命中の心電図検査の波形異常でしかわからない病気を、死亡後のCT検査からでは何も見つけられないことに説明がつくのでは?
と考えました。

ぜひ識者の方からのご意見を伺えましたら嬉しく思います。

ケンワさん.com

posted by ケンワさん at 21:55| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

感謝、感謝、そして感謝

去る8月27日未明に急逝しました兄・小杉昌秀の通夜、葬儀にお忙しい中ご参列いただいた皆様へ、この場を借りまして改めて厚く御礼を申し上げます。

通夜には、200人にも及ぶ大勢の方々に駆けつけていただきまして、言葉に表せない感謝を感じるとともに、兄の偉大さを改めて思い知らされました。

涙をこらえて噛みしめていた奥歯が、今更ながら痛みます。
(ますますエラ張り顔になりそうです)

本当に感謝、感謝、そして感謝です。

皆々様、本当にありがとうございました。

昌秀5.jpg

昌秀4.jpeg

昌秀3.jpg

昌秀.jpg

ケンワさん.com

posted by ケンワさん at 21:47| Comment(3) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年08月26日

紹介させていただきます

ギャン理論で有名(?)な、ウィリアム・ギャン氏の“人生のモットー”に感銘を受けたので、僭越ながら当ブログで紹介させていただきます。

「ギャンの人生のモットー」
1、何ごとにも乱されない強靭な心を持つ。
2、友人との付き合いでは自分にない何かを発見するよう努力する。
3、物事は全て良い方に考える。良いイメージを持つことが成功の秘訣だ。
4、最善を考え、最善を尽くし、努力した後に最善を期待する。
5、他人の成功を心から喜ぶ。
6、過去の失敗にくよくよせず、輝かしい未来のことを考える。
7、常に元気で笑顔を忘れない。
8、他人を非難する暇があったら自分の仕事に没頭する。
9、心配しすぎず、間違いも認め、怖いものは怖いと言う。そして過剰な幸福は求めない
10、自分を信じ、信念を貫く。
11、自分が正しいと信じてやっている限り、必ず良い結果が生まれると信じる。

身につまされます。
心に刻んで自分の人生にも活かしたいですね!
posted by ケンワさん at 20:36| 座右の銘 | 更新情報をチェックする

2016年07月30日

基本が大切

忙しくてなかなか行けなかった健康診断を数年ぶりに受けてきました。
(たしか5、6年ぶり)

体重も数年ぶりに量ってみて驚いた。
毎日10kmジョギングしていた頃と変わらない体重なのです。

ここ数年やっていることと言えば、軽い筋トレ程度の運動と、年齢相応の内容と量の食事くらいでしょうか?

短期間で急激なダイエットをするよりも、(仕事勉強スポーツ等で)猛特訓するよりも、
何事においても、基本的なこと基礎的なことを何年でも“続ける”ということが大切なんですね。
posted by ケンワさん at 18:37| 日記 | 更新情報をチェックする

2016年07月28日

チキンの発想

縁日とかで売られている「カラーヒヨコ」を普通のヒヨコの群れに放り込むとツツキ殺されるらしい。

「障害者を排除しよう」なんて考えは、にわとりレベルの知能指数の発想ということですね。

イジメも同じですよね。

外見や考え方、自分と違うところに注目するのではなく、自分と共通するところ、共感できるところを探すことが出来たなら、人間はもっと素晴らしい生き物になれそうな気がします。
posted by ケンワさん at 21:41| 日記 | 更新情報をチェックする

2014年10月17日

気持ちのいい挨拶♪

先日、訪棋(前記事等参照)のため、ある施設を訪問したところ、
車椅子の少女が元気な声で

「こんにちは!」

と挨拶をしてくれました。

障がいに負けず、明るく声を掛けてくれる若い娘さんから、
逆に元気と勇気をもらいましたわーい(嬉しい顔)るんるん

posted by ケンワさん at 21:56| ひとりごと | 更新情報をチェックする

2014年10月01日

とりあえずの一歩、二歩、

『訪棋団』の名刺を先走って作りました猫あせあせ(飛び散る汗)
(訪棋会から暫定的に改名)

kako.jpg

なかなか本格的な活動ができないまま、一年が経とうとしている…がく〜(落胆した顔)

とりあえず、モバゲーにて「サークル訪棋団」を立ち上げておきましたひらめき
(まだまだメンバーが少ないもうやだ〜(悲しい顔)
興味のある方は、ご参加ください手(パー)

posted by ケンワさん at 19:01| ひとりごと | 更新情報をチェックする

2013年12月16日

碁打ちにボケなし

先日ニュースで、

「認知症患者数が2050年までに現在の3倍に達する可能性がある」

と国際アルツハイマー協会が発表したとの内容が報道されていましたあせあせ(飛び散る汗)

認知症の専門医で脳神経外科医の金子満雄先生によれば、認知症患者2万1千人を対象に調査したところ、認知症患者のうち、囲碁を“知っている人”の割合は3%であるとのことひらめき

また、その3%の中に現役で碁を打っている人はゼロ“0”であるとの結果だそうです。

短絡的な考えかもしれませんが、世界中の人間が碁を打つようになれば、認知症3倍増を防げるばかりか発症者数を限りなくゼロ“0”にできるということではないだろうか?





posted by ケンワさん at 21:46| ひとりごと | 更新情報をチェックする

2013年11月18日

訪棋会(準備中)

在宅介護を受ける囲碁好きのお年寄り宅を訪問し対局する、福岡のボランティア活動
「訪問可囲碁」
に感銘を受け、囲碁や将棋の訪問ボランティアを自分なりにやってみたいと感じましたひらめき

まずは、がっかりされる“訪棋”にならないように、そこそこの囲碁が打てるように、そこそこの将棋が指せるように、もう一度勉強し直さなければ猫あせあせ(飛び散る汗)

訪棋会(ほうきかい)活動内容
病気や高齢のため外出が困難な方のご自宅や施設等を訪問して、囲碁・将棋・その他ゲームのお相手をさせていただくボランティアです。

モバQ訪棋会は準備段階です。
現在は上手く機能していませんのでご了承ください。モバQ
posted by ケンワさん at 11:51| ひとりごと | 更新情報をチェックする